血糖値を上げない遺伝子!?サーチュイン遺伝子を活性化させよう

スキンケアしなくても、体の中から美肌になる、アンチエイジングの実践をしています。
美肌に不可欠なのが、血管を元気にしておくこと。

血管を元気にしておくためには、血糖値を上げないことが大事なのだそうです。

img_1114_s

血糖値を上げない遺伝子、サーチュイン遺伝子とは?

血糖値を上げないためには、「サーチュイン遺伝子を活性化させる」ことが
重要なのだそうです。

先日、「みんなの家庭の医学」というTVを見ていたら、そんな情報が
入ってきました。

番組では、どんぶりものなど糖質たっぷり!の食生活を送っているにも
かかわらず、血糖値が上がらない、大学の相撲部の学生たちが
紹介されていました。

そう、お昼も夜も大盛りの糖質たっぷりの、しかも大量の食事をとっているのに
学生の血糖値を測ってみると、食後の血糖値が上がってないんです。

私はTVを見ながら、「若いからかなあ」と思っていたんですが
そうではなかったんです。
食事のとり方に秘訣があったのです。

血糖値を上げない食事の仕方とは?

IMG_2645_s

血糖値を上げない食事の仕方とは

絶食時間を長くすること

がポイントでした。

具体的にどういう事かというと、体内に栄養が入ってこない時間が
長くなると、サーチュイン遺伝子が活性化するのだそうです。
(金沢大学の古屋大祐教授による)

例えば1日に3食、食事をする人であれば、夜寝ている間が
体内に栄養が入ってこない時間帯となり、サーチュイン遺伝子が活性化するのです。

この「体内に営業がはいってこない時間帯(絶食時間)」をいかに長くするかが
ポイントです。長ければ長いほど、サーチュイン遺伝子がより活性化するのです!

つまり今、午後8時に食事をとっている人は、午後7時に食事をとることにするだけで
今よりもサーチュイン遺伝子を活性化させることができます。
さらに、朝の食事を抜いて、お昼まで食事をとらなければ、さらに活性化させる
ことができるということです。

まとめ

IMG_4872_s

絶食時間を長くすればいいだけ。

これならすぐに実践できそうですね。

TVでは、相撲部の部員たちはもともと血糖値が上がらない食事時間を実践
していたのですが、顧問の先生は違ったため、いつもより夕食の時間を
早くすることを1週間実践してみたところ

相撲部の顧問の先生は
高かった血糖値を、正常値まで下げることができていました。

これはすぐ実践したいですよね。

私は、もともと朝食をとっていなかったので
これからは夕食をなるべく早めに終えようと思います。

これでよりアンチエイジングに効果が出るといいなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする