目の疲れに効果的  食べ物・パソコンの使用方法で予防する!

IMG_0334_s

私達現代人は目が疲れやすい日々を送っていますね。
いつまでもキラキラした目を保ちたいですが
どのようなことに気を付ければいいでしょうか。

目が疲れるって実は怖い?

毎日「目が疲れるなー」と思いつつ、なんとなくやり過ごしてしまってます。

私の場合、仕事では毎日、1日に7時間、あまり休みもとらず、ぶっ通しで
PC使ってます。場合によっては、休み時間も、PCを眺めながらランチしたり。
さらに帰りの電車ではタブレットでメールをチェックしながら帰る・・・。

などなど、気が付けば恐ろしいくらい、目の酷使です。
改めて、振り返ってみると、ほんと怖い・・・。

でも、このように目を使っている(画面を凝視)しているときは
目のピントを合わせる毛様体筋という筋肉が収縮し、目は緊張しっぱなし。
そうすると目が筋肉疲労を起こし、疲れてしまうのだそうです。

さらに、脳の働きの多くは、「見る」ことにエネルギーを費やしているので
脳の疲れにつながってしまいます。

そして頭痛や肩こり、倦怠感につながるのです。

目の疲れが、脳の疲れにもつながるなんて、びっくりです。

生活習慣で気をつけよう

IMG_2600_s

ただ、目を使わない生活って考えられないので・・・
私は気軽に毎日できる生活習慣で目の疲れ予防をしています。

1.PCにブルーライトカットフィルムを貼る&ブルーライトカットめがねをかける

私が最近ノートPCに貼るために買ったブルーライトカットフィルムはコレ↓

IMG_20170326_110733

42%ブルーライトをカットしてくれるんですね。ビッグカメラで買いました。
大体、2000~3000円くらいで買えます。
さらにこれにブルーライトカットめがねをかければ万全かと思われます。
ブルーライトカットめがねは家でも職場でもかけてますが
最近はデザインもかわいいものが多くて、選ぶのも楽しいですよ。

2.スマホやPCの位置に気をつける

スマホやPCは、液晶から光が出ている分、紙を見るより目への負担が大きいです。
かつ、休むことなく画面を凝視するので、まばたきの回数が減り
ドライアイの原因になると言われています。

なので、私は、PCを見る時は視線が下向きになるように画面の位置を調整する
ようにしています。眼科の先生から聞いたのですが、画面の位置が下にあると
目が乾きにくいのだそうです。目が疲れにくくなります。

併せて、本当は1時間に1回くらいの割合で目を休めた方がいいそうですが
私はこれが実質できてません。心がけたいですが、
気が付けばぶっ通しで作業してしまっている・・・。

せめてランチは、外にいくようにしています。
気分転換もできて、目も休められます。

3.睡眠を十分にとる

これも眼科の先生から聞きましたが、熟睡すると光を感じなくなるため
眼球のリラックスにつながるのだそうです。
よって光を感じないように、「部屋を真っ暗」にして、熟睡する。
睡眠をたっぷりとると、目をいたわる以外にも、美容や健康に多大な効果があるので
忙しくても、睡眠時間だけは確保したいですね。

食生活で目の疲れ予防

img_3392_s

食生活に気を付けることでも、目の疲れ予防になります。

・ビタミンA

にんじんやほうれん草に含まれるビタミンAは、角膜の表面を保護する粘液の
成分になります。私はお浸しでほうれん草を取ることが多いです。
副菜やつけあわせで積極的にとりたいですね。

・ビタミンB

豚肉などに多く含まれるビタミンB群は、視神経や筋肉の疲労を解消し
視力低下を防ぐ効果があります。不足すると目の充血になりやすいです。
私はハンバーグなどで豚肉をとることが多いです。

ひき肉は安くて、調理方法も多彩なすばらしい食材なのでおすすめです。
これからの季節、冷製豚しゃぶもいいですね。

・ビタミンC

キャベツやブロッコリーなどに多く含まれるビタミンCは、水晶体の透明度を
保ち、目の若さをキープしてくれます。白内障の発症を抑える効果も期待できるそうです。

私はブロッコリーを毎週末、ゆでて、好きな調味料で変化をつけて食べています。
ブロッコリーはゆでるだけなので、手軽でおいしくていいですよ。

これからの季節、新キャベツが出始めますから、こちらも柔らかくて
食べやすくていいですよね。

目のための生活習慣、楽しく実践して、おいしく食べて
手軽に目の疲れを予防できます。

皆様も心がけてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする